日本、国際捕鯨委員会を脱退か…

ブログをしばらく更新していなくて、まあ、それは、日記を書く習慣がないから、こうなるのだけど、やった方がいいかなという感じではある。

さて、日本がIWC(国際捕鯨委員会)を脱退するという話(ニュース)、久しぶりにメインの英語ブログエントリーにしてみたけど、この日本語版では何を書こうかなという感じ。英語版の記事、日本語版の記事で同じ内容でもいいのかも知れないけど、大した文章ではないのに、ちょっと気力がわかない。

それにしても、いくら左翼が反捕鯨にちょっと甘いと言ったって、反安倍のためなのか、無理筋でもネトウヨのなんのと難癖をつけているのが散見されて、そこがちょっと印象に残っている。捕鯨は共産党を含む全政党が賛成するくらい、超党派で当たれる数少ない政治問題だったから。

この、郷土料理から切り離された都市住民が食べないから郷土料理でクジラ食が残っているにも関わらず、都市住民が日本はクジラなんか食べないと思っているという分析なんかも印象に残った。まあ、岩谷文太氏が前に指摘していた話ではありますけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*