名探偵コナン 絶海の探偵ー大人も一緒に楽しめる本格スパイ物の名探偵コナン


昨日、名探偵コナン 絶海の探偵の先行上映に行って来ました。って、これは嘘記事です。きつね新聞オリジナル記事第1号!

名探偵コナン 絶海の探偵 ポスター

今回、イージス艦上にいるスパイによる殺人ではある意味当然なのですが、海上自衛隊警務隊・海上保安庁だけでなく、テロ事件と見られていた天空の難破船や沈黙の15分にも出て来なかった公安が出てきて(正確には、京都府警警備部外事課・大阪府警外事課)、本格的な諜報戦を繰り広げている(ように見える)のが印象的でした。

中核派のテロリストをモサドの諜報員が殺害して、目暮警部ら刑事部の刑事が捜査しようとするのを、公安が圧力をかけて妨害して逃したりと、パレスチナ支援活動と中核派テロリストとのつながりが解説されていたり、イスラエルが、地中海の一番奥になる関係で、スペインのイージス艦の情報が日本から漏れるのを恐れている事が説明されたり(私はこの話を”公安特命捜査 警視庁情報官2”濱嘉之著で知った…)、平和活動家と中国の繋がりが示唆されたりと、全く子供向けとは思えない本格的な内容でした。

これまでの名探偵コナンではちょっと考えられない、結構キツイ内容でしたが、中国の侵略とか沖縄へのオスプレイ配備問題など、戦争や平和・プロ市民の問題についてきちんと教育してくれるので、子供に是非見て欲しい映画です。

「名探偵コナン 絶海の探偵ー大人も一緒に楽しめる本格スパイ物の名探偵コナン」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*